身長が低いことで馬鹿にされた!

大人になってからの悩みはたくさんあります。私が子供の時には、私と同じぐらい背が低い子が他にも何人かいましたし、仲良しでいつも一緒に遊んだり通学していたので、身長が低いことで嫌な思いをしたりとか、周りからいじめられたりという経験は一度もありませんでした。大人になってからも、身長が低いことでいじめられるとか嫌がらせをされるということはありませんけれど、新入社員の時にバカにされた経験は何度もありましたね。

私が働いていた会社は大手メーカー企業で、同期の女子社員だけでも50人ぐらいいました。どういうわけか皆背がすらりと高くて手足が長くて、私からすると全員モデルさんのような体型をしているのですよね。身長が低い環境に慣れてきた私にとっては、今まで見てこなかった現実を突き付けられているような気がして悲しかったですし、新入社員の中で私よりも背が低い人は一人もいなかったので、客観的にみると自分の身長がいかに低いかということを思い知らされました。

ニックネームは「ちびまるこ」

そんな私が社会人になってからつけられたニックネームは、「ちびまるこ」です。背が低かったこと、髪型がおかっぱだったこと、体型も寸胴のお子様体型だったことなど、色々な要素が重なったからだと思います。最初の頃は「ちびまるこに似てるって言われない?」ぐらいだったのが、そのうち「まるこちゃん」「まるちゃん」「まる」なんて呼ばれるようになりました。

最初は違和感を感じていましたが、当時は彼氏だった夫には「愛されている証拠だ」と羨ましがられましたし、実際に他の同僚からは「かわいがってもらえてイイね」といつも言われていたほどで、嫌だなと思ったり不快感を感じたことはありませんでしたね。

ただ、私の憧れの女性像はルパン三世に出てくる峰不二子さんなので、それを職場の人に言ったところ「それは無理だと思うよ」とはっきり言われ、グサリと胸に突き刺さったことはあります。私のちびまる子ちゃん体型と峰不二子体型とでは月とスッポンなのは自分でもよく分かっているのですが。

まとめ

身長が低いことで私自身は意地悪されたという経験はありませんが、社会人になってもお子様という立ち位置になってしまい、セクシーさとかナイスバディなどという言葉はいつも無縁でした。そういう体型に憧れていたので、お子様扱いを受けると「馬鹿にされているな」という気持ちになったこともあったので、自分の子供には少しでも身長が高くなってほしいと思って小さなころからいろいろな工夫をしているわけです。

そんなときに知ったのがプラステンアップです。その名前の通り、身長が伸びそうですよね!笑

参考にしたサイトでも実際に成果は出ていたようですよ。プラステンアップの効果とかで調べたら出てくるんじゃないかしら。

参考:【プラステンアップ】3ヶ月飲んでわかった実際の効果は!?

試してみるのもありだと思いますよ。